MARQUEE Vol.52

2005.12.9 out
コード:ISBN4-434-07184-X

第1表紙:Tommy february6
photo/川島 泰広
第2表紙:orange pekoe
design/saori ogiwara

★FRONT STORY [SPORTS] 6P
★急報! Jazztronik「en:Code」リリース

■特集[コラボレーションって本当は何?] total 43P
★特集[Tommy february6] 19P
撮り下ろし写真、多数掲載!
10P Photo:Paradise Kiss×Tommy february6×Blythe
text:パラキスを読む
text:トミーフェブラリー ブライス
interview 1:最新シングル「Lonely in Gorgeous」
interview 2:原作「Paradise Kiss」
interview 3:キキララ、ピカチュウ、ブライスとのコラボレーション
interview 4:Tommy february6 プロデュース 藤井隆「OH MY JULIET!」
矢沢あい原作のコミック「Paradise Kiss」がアニメ化・放映中。その主題歌をTommy february6が担当。タイトルは「Lonely in Gorgeous」。その一方で、なんとBlythe のTommy february6 モデルが限定リリース。その名を「トミーフェブラリー ブライ ス」。こちらはすべてをTommy february6がプロデュース。更に、トミーは藤井隆の 「OH MY JULIET!」もプロデュース。こちらは作詞、PVもディレクションした。どれ もトミー色が全開。今回は、そうした各作品を通して見えてくるTommy february6の コラボレーションを特集します。

★orange pekoe 7P
Art Works with カンバラクニエ、清川あさみ、高木紗恵子
4th アルバム「Grace」とオレペコ最深インタビュー
★akiko
ジャズ&ジャイヴの幸福な関係
小西康陽トータル・ディレクションによるakiko最新作について
連載/小西康陽の「524 Record Exchange」027 ゲスト:akiko
★プロデューサー、アイゴン(會田茂一)に聞く木村カエラ
作詞と作曲:木村カエラ×アイゴン
★capsule
音楽のPV映像:capsule×STUDIO KAJINO
★空気公団
空気コラボレーション
★対談:高橋しん「最終兵器彼女」×メレンゲ「すみか」
コミックと音楽をつなぐイマジネーション
★コラム/コラボレーションの原点、渋谷系
★曽我部恵一
コミュニケーション=コラボレーション

FISHMANS 4P
茂木欣一(dr)が語るあの頃のフィッシュマンズ、ロングインタビュー
ART-SCHOOL
ライヴDVD リリース! 木下理樹に聞く“ライヴ”あれこれ。
MAMALAID RAG
久々のインタビュー。久々のリリース「銀の爪」。田中邦拡に聞きます。
スネオヘアー
いよいよ外向きにパワフルに。充実作「カナシミ」インタビュー。
高野健一
pal@pop改め、SSWとして再出発したメロディーメイカー高野健一。
the Indigo
コスモスが一面咲き乱れる中で撮影! アルバム「flair」について。
FREENOTE
切なくも力強いポップメロディのFREENOTE、最新曲「ピアノを弾いて」。

★特集[ORIGINAL LOVE] 10P
撮影/Yukinori Tokoro
オリジナル・ラヴが2006年1月にカバーアルバムをリリース。タイトルを「キングス ロード」。イギリスの地名?と思いきや、まんま「王道」。さすが!(このベタ感、 最高!)。そこで、田島貴男が遂にやってしまった。60's〜70's初期のソウル、ロッ クの誰もが知るスタンダード・ナンバーに堂々日本語歌詞を乗せて歌い上げる。ストー ンズ“Ruby Tuesday”、ドアーズ“Touch Me”、ピンク・フロイド“エミリーはプレ イガール”、テンプテーション“ヒット曲が聞こえる”等、全10曲を収録。これはス タンダードを目指してきたオリジナル・ラヴだからこそのポップミュージックへのオ マージュ? どっちにしても、この逃げも隠れもしないカバーの仕方が田島貴男。も はやこの人が歌えば、どんな曲でもオリジナル・ラヴ・カラーに染まる。

★PICK UP! Thank you for 2005.Happy X'mas!!
Paris match
dorlis
つじあやの
metro trip

★大好評連載企画 Dearest girl
vol.8 feat.大石裕子(グラフィック・デザイナー)

★注目のNEW COMERS、大、推、薦!
AURORA:ライヴリポート
東京ピンサロックス
凛として時雨
狐の会
Hanaboy
スウィートアグネス
BUFFALO
Mondialito

★特集[グルーヴ歌謡のコンテンポラリー感覚] 8P
奥村愛子
渚ようこ
倉橋ヨエコ

★もはやエンタメ・クラブ!
BENNIE K So'Fly HIFANA TUCKER RAMRIDER
★続・新感覚クラブ・エンターテインメント
パンダとササノハ

★連載/中村義響(UTRECHT)の「Hello! FREAKS 」
interview with BENJAMIN DIAMOND

★特集[MARQUEE NIGHT] 6P
今回(12/17)のマーキーナイトは4組とも女の子。しかも実験的。ズバリ、ガール ズ・アートパンク特集です。
MARQUEE NIGHT vol.7 information
BUFFALO DAUGHTERとMETALCHICKS
Kiiiiiii インタビュー
にせんねんもんだい インタビュー
MARQUEE NIGHT vol.6 report

★BACK STORY[LOVE PSYCHEDELICO] 6P
初の日本武道館公演を成功させ、レコーディング・スタジオを完成させた直樹とKUMI にロング・インタビュー

[新連載]
NIRGILIS「NIRGILIS vs MARQUEE」
アイゴン「BOYS BE UNBALANCE」
[連載]
須永辰緒「スナガ★ブレンダー」
仲真史 ESCALATOR RECORDS「ESCARGOT」
KAHIMI KARIE「KK ANYWHERE」
酒井景都「Colkinikha」04
IVYの出前一丁 027
加地秀基「MY DINNER WITH JO & PIPPI」part 31
嶺川貴子「Helloooo! again...」40
readymade agenda 2005
ROCO「プチエコライフ」06eco.最終回
フルカワミキ「SEYES」
七尾旅人「それでも地球は歌っている」
Plus-Tech Squeeze Box ハヤシベトモノリ's「ブレインデッド2」
capsule「capsule from contemode」
エイプリルズ「APRILS PHANTASY REPORT」
Hazel Nuts Chocolate(へなちょこ)・ゆっぱ「ジマイマのオレンジ風味」
mona records presents「Smiley Smile 波止場」 feat.つじあやの
曽我部恵一×小田島等「ロック曼陀羅」第23回
沖井礼二×MMMatsumoto「0:00 mm」 feat.THE WHO

 今回の特集はコラボレーション。と言っても、ジャンルの違う者同士が何か一緒に 作品作りをすればコラボなんて話ではなく、個人と個人の趣味の延長から作品が出来 上がっていくその過程の楽しさ、そっちのほうが大事!という話。この趣味をプロフ ェッショナルに仕上げる。なので、形になった結果物よりも、作品に至るまでの時間 のほう。それは、相手が居ることなので、会話だったり連携プレイだったり、思いも よらない予定変更とか、一緒に作ることの楽しさのことです。
 またどうして今回の特集になったかと言えば、コラボレーションの名を借りただけ のタイアップが氾濫しているから。それでスッカリ思い出しました。渋谷系を。あの 動きこそ、コラボレーションの原点。時期は1990年代の前半、ミュージシャンで言う とフリッパーズ・ギターとかピチカート・ファイヴとかカヒミ・カリィとかオリジナ ル・ラヴとか。渋谷系の何が財産かって、例えば変形ジャケットを一般認知させたよ うに、ミュージシャンがキャンパス代わりになって、スタイリストやフォトグラファー やグラフィック・デザイナーらが関わって、自由に表現することを示したこと。今で 言えば、テイストは違うけれど、YUKIもメンバーのSLEEPの活動とか、椎名林檎の作 品作りの仕方とかが、まさしくそう。こう...音楽だけに限定してなくて、個人発 祥なんだけど人を巻き込んでいって、いつの間にか独特の物になっているあの感じは、 見ているからに楽しい。
 今回は少しゆるい感じで、その中にスバイスきかせてお送りします。
(MMMatsumoto)



Copyright (C)2005 MARQUEE inc. All rights reserved.
CLOSE