★乃木坂46 大特集 29P

[1]与田祐希 17P
単独表紙+幻のアナザージャケット“与田ちゃん”バージョン撮影+ロングインタビュー
“与田ちゃん”が撮影中にタイムワープ!
降り立ったのは約4年前の乃木坂46念願の1stアルバム『透明な色』、そのアナザージャケット撮影現場!

~幻の『透明な色』与田ちゃんヴァージョン~

もしも私がその時
乃木坂46だったら...

2016年9月に乃木坂46の3期生としてグループに加わった与田祐希。18thシングル「逃げ水」で大園桃子とともにWセンターに大抜擢されて以降、写真集発売やドラマ出演など、ソロでも目覚ましい活躍を見せている。3期生の加入以降の乃木坂46は、初の東京ドーム公演や海外進出など活動がスケールアップ。その一方で、橋本奈々未や生駒里奈といった先輩メンバーの卒業もあった。さらには衝撃的な西野七瀬の卒業発表、新たな4期生の加入が予定と、グループは大きな変化を向かえようとしている。そうした中で、与田は、乃木坂46のこれからを担っていくキーパーソンのひとりと言っていい。今回のインタビューでは、彼女が2年間の乃木坂46の活動で見つけたものなどを和やかに語ってくれた。

★乃木坂46 大特集 29P

[2]川後陽菜×中村麗乃 6P
ハロウィーン×チャイナ撮影&インタビュー
連載:乃木坂46・川後陽菜
「川後Pの魔法でプロデュース☆彡」
File 25.starring 中村麗乃

その名も“川後P”。乃木坂46メンバーの中でもアイディアいっぱいの川後さん。
その川後さんが発案と人選をして毎回、乃木坂メンバーをプロデュースしていきます。(川後さんも同傾向のコーディネートでお揃いに)。25回目は前号に引き続き3期生から中村麗乃さんにご出演いただきました。季節はハロウィーン。そこに「最初(伊藤)万理華で考えて以来やってみたかった」と川後さんが言うチャイナ服をコーディネート。トークでは中村さんの感性について掘り下げました。

★乃木坂46 大特集 29P

[3]山崎怜奈 6P連載:13回目
撮影:「秋だ! いざ、鎌倉」
インタビュー:山崎さんの近況フリートーク『Qさま!!』3回目出演! 中国公演、全国ツアー、アンダーライブ北海道などなど、近況報告

秋だ! いざ、鎌倉。ということで行ってきました秋の兆す鎌倉へ。ひなびた何か時間がゆっくりと流れる風景。今回はそんな山崎さんの近況を。山崎さんの歴史好きは知られているところですが、いつの間にか乃木坂46唯一の大学生となっていたことにはビックリ。思えば4期生加入も間近か。時の流れを感じます。そんな中で、なんと『Qさま!!』3回目の出演を果たすなど、着実に個人仕事を増やし、しかもそのどれもが得意ジャンルということで、充実の日々とのこと。最近の山崎さんは、自分のペースをつかめている余裕からか、しなやかさが加わっている気がします。

★欅坂46 特集 8P
小池美波

撮影:「みー&みー」(私と欅坂46の私)
インタビュー:夏ツアー徹底振り返り

イラスト&カフェ好きな小池さんが、欅坂46の小池さんをスケッチ!
ロングインタビューでは、舞台裏の様子も含めて、ツアー最終日・幕張メッセ公演のあの時あの瞬間の事も詳細に語ってくれました。

9月5日、幕張メッセにて行われた、欅坂46の「夏の全国アリーナツアー2018」千秋楽。事件は起きた。気づいた時には、全員曲でセンター平手友梨奈の姿が消えていたのだ。何が起こったのか、その瞬間は見ている誰もがわからないままライブは進む。センターポジションは空いたまま。そんな中、8曲目に歌われた『二人セゾン』の平手のソロダンスパートで会場中に衝撃が走る。今まで空いていた平手のポジションへ突如踏み出し、平手に負けず劣らずのソロダンスを披露したメンバーがいた。そう、それが小池美波だ。
そんな小池に、今年の夏も全力で走り抜けた欅坂46の夏のライブを振り返ってもらいつつ、件のツアー千秋楽の話から彼女が今考えていることまで、赤裸々に語ってもらった。

★けやき坂46 特集 8P
柿崎芽実+丹生明里
撮影:「パ・ラ・レ・ル」
ロングインタビュー:舞台「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」

デビューアルバム『走り出す瞬間』のリリースや東名阪ツアー、夏フェスへの出演と、平成最後の夏に大きな経験をいくつも積んだけやき坂46。そんなメンバーの中からオーデションで選ばれた10名が、舞台「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」に挑んだ。初舞台だった「あゆみ」から約3か月半。熱狂的なファンの多い「魔法少女まどか☆マギカ」の世界観を引き継ぎ、アニメ化も決定した人気スマホゲームの舞台化ということで、アニメファンからも注目が集まる中、初挑戦となった2.5次元ミュージカルを見事に演じきった柿崎芽実(環いろは役)と丹生明星(鹿目まどか役)に、出演決定以降の気持ちの変化を追いながら話を聞いた。

★NGT48 AKB48・荻野由佳 4P
2スタイリング撮影+シンデレラガールインタビュー「今がNGT48とっての勝負時なんです!」

2015年5月10日。『第2回AKB48グループ ドラフト会議』でNGT48から2巡目で指名。思えば、荻野由佳のシンデレラストーリーはここから始まっていた。幾度ものオーディションを受けては落ちを繰り返してきた彼女にとって、ようやく掴んだチャンスだったのだ。その後、2017年の『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』の速報では、まさかの1位。その勢いのまま最終結果は5位で、一躍シンデレラガールとなった。そして迎えた今年の『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』。速報はまたもや1位、さらに最終結果も4位と昨年よりもランクアップ。その際のスピーチで彼女は「全盛期のAKB48と言われていたあの時代を、恐縮ですが私が作っていきたい」と強く言った。その真意ついて、そして荻野由佳という人物について、目を輝かせながら語ってくれた4,000字のインタビューを、とくとご覧あれ。

★NMB48・梅山恋和 連載 4P
「I'm A Rock'n roll Star」
Part 3:「安室奈美恵とアムラーの頃」

NMB48の梅山恋和が、毎回音楽をテーマにしたファッションを着こなしていく本連載。今回のテーマは安室奈美恵。90年代、爆発的なヒットと特徴的なファッションから、アムラーと呼ばれるフォロワーを生み出し社会現象に。その後も、トップの座に君臨し続けた問答無用の女性シンガーである。先日、長きに渡るアーティスト活動に終止符を打った安室ちゃんに、今回、梅山が大変身した。インタビューでは、ファッションの話題から彼女の近況を聞いていった。NMB48の中心メンバーとしてグループを牽引してきた山本彩の卒業発表、彼女にとって初めての後輩となる6期生の加入、さらには8月に誕生日を迎えた梅山の15歳の抱負など、様々な話題について語ってくれた。

★26時のマスカレイド 特集 8P

集合撮影+インタビュー
個別私服撮影+個別インタビュー「ひと夏の経験」

昨年リリースした『ハートサングラス』に続き、今年は新しくリリースした『チャプチャパ』を引っ提げ、全国各地のアイドルフェスを無双した26時のマスカレイド。昨年はそれこそ死にもの狂いで獲得したメインステージも、今年は最初の時点からキャスティングされるなど、この一年で大きく成長を遂げた。今年開催されたワンマンライブにおいては、メンバーが意見を出し合って舞台セットを決めるなど、それぞれがアイディアを出し合ってひとつのものを作り上げていくという、彼女達にとっては大きな体験も経験した。そんな26時のマスカレイドに、一気に走り抜けたこの夏の思い出を中心に話を伺った。メンバー個別インタビューではそれぞれの「ひと夏の経験」について語ってもらいました。

★巻頭特集 まねきケチャ 6P

藤川千愛、中川美優、松下玲緒菜、宮内凛、深瀬美桜。5人体制ラストインタビュー&撮影

連載:中川美優(まねきケチャ)「中川美優、職業:アイドル」 12

9月24日の3周年記念公演「日本武道館deまねきケチャ」で、リードボーカル藤川千愛が卒業してソロシンガーとしての道を歩み出し、新体制になったまねきケチャ。今回はそこからさかのぼること1か月弱の8月下旬に行われた、本誌での前体制ラストインタビューをお届けする。日比谷野外音楽堂のライブを終えて配信ミニアルバムをリリースした直後、武道館公演を目前に控えたメンバーはこの時どんな気持ちだったのか? 残り少なくなった5人でのライブへの思いや、抜群の歌唱力でまねきケチャの世界観を引っ張ってきた藤川千愛の歌を、4人はそれぞれどう感じていたのか? デビューから3年で到達した武道館後の覚悟についても聞いてみた。

★巻末特集 さくらシンデレラ 7P

1stアルバム『Ring』特集
ジャケット撮影アザーテイク多数掲載!
インタビュー:桜瀬もえ+夏生のん+美和花樺+星野雫+双葉みきな

10月1日に結成4周年を迎えるさくらシンデレラが、ファーストアルバム『Ring』をリリース。現メンバーで新たにレコーディングされたシングル曲、ライブで披露していた楽曲、そして彼女達が目標に掲げている武道館実現への想いが込められた新曲「Ring」などが収録されている。まさに、アルバムはさデラのこれまでとこれからが詰まった作品である。このアルバムをきっかけに、さデラは中野サンプラザ公演を経て、リアルに夢の一つである武道館へ向けて動き出したわけだ。今回のインタビューには、桜瀬もえ、夏生のん、美和花樺、星野雫、双葉みきなというグループの鍵を握るメンバーが登場。インタビュー前半は夏を通じて痛感したさデラの現状、後半はアルバムについての話題が繰り広げられた。

★ナナランド

ナナラン'パーソナルシリーズ 001:峰島こまき
「私はこの先もずっとナナランドのためにやっていきたい」

★なんキニ! 4P

連続取材!「なんか気になるあのコ」第一回:長南舞

★真っ白なキャンバス

白キャン・パーソナルシリーズ 01:立花悠子
私の憧れるアイドル像は王道路線、「可愛い、元気」!

★NEO JAPONISM

ネオジャポ・パーソナルシリーズ 02:藤井ラナ
YouTuber「チャン・ラナ」としても活動する藤井ラナの告白

★連載:ArcJewel連載 ~夢への架け橋~ 4P Jewel☆Ciel

爽やかで、キラキラした、謙虚なアイドルグループ「Jewel Garden」プロジェクト、3番目のグループとして今年8/12デビュー

★連載:Label The Garden

starring:橘南桜(Shine Fine Movement)
Label The Garden 唯一の初期メン橘南桜、全ッ開!

★つりビット

6年目、突入! 新曲「TOKYO WONDER GIRL」もリリース!

★Pimm's

最高にソリッドでカッコイイ本格派ミクスチャーロックアイドル

★2o Love to Sweet Bullet 4P

starring:三田佳凛+新城真衣+伏見莉穂
撮影:「夜遊び」

★二丁目の魁カミングアウト

「横浜アリーナに立つことよりも、それまでに出会う人が増えたり、今いるおなカマと思い出を作ることの方が、なんだか楽しみなんです。そういった思い出を抱えて横浜アリーナのステージに立ったら、ほんとに素敵だろうなって」

★ゆるめるモ!

ニューEP「NEVER GIVE UP DRUNK MONKEYS EP」のテーマは「酔拳」
連載:ゆるめるモ!「コマめるモ!」03

★煌めき☆アンフォレント

feat.西ひより+二條満月+谷麻由里
ハロウィ~ン企画“キラフォレコスプレ”「私こんなマニアックなところがあるんです!ウィ~ン」

★綺星★フィオレナード

スタフィオこと綺星★フィオレナード、新体制スタート!

★転校少女*

グループ名も改名、新メンバーも加え、1stアルバムもリリース! 新生・転校少女*の現在
連載:転校少女*「メンバークローズアップ分析ステータス」最終回

★LiT

キャリア・ルックス・個性・意識の高さ、ともに粒揃い。注目度抜群のニューグループ

★メイビーME

5つの“私”が集まって、これから新しい“私”(=世界)を創っていく。そういう意味で、まだまだ未完成な私……メイビーME(たぶん私)

★あまかみ

ドキュメント:ニューアイドル・グループ「あまかみ」、誕生前夜

★連載:キミイロプロジェクト Part 2 夏野鈴音

~夏野鈴音のチャレンジライフ~

★MERUCHU

5人組になった名古屋の美少女グループMERUCHUが新曲「はじめての片想い」「アツアツパンケーキ」をリリース!

★mysta×MARQUEE presents... ☆NonSugar

“日曜朝練アイドル”から“正統派のアイドル”へ転換! ☆NonSugar ヒストリー

★mysta×MARQUEE presents... きゃわふるTORNADO

「人を動かすのは全力な姿のみ」“超強炭酸・全力アイドル”

★SHOWROOM×MARQUEE presents...「Next Breakin'」

斉藤なつみ、鈴木美紗樹、土田ゆあ、北村はな、三井梨花

★MARQUEE祭 info.

★新連載:朝比奈れい(天晴れ!原宿)「太陽サンサンれいちむ日記」その1

★連載:志田友美「夢アド 志田友美のかまちょタイム☆」24

★連載:京佳「夢アド 京佳のツブヤキッター♪」06 最終回

★連載:鹿目凛(でんぱ組.inc)「ぺろりん先生のヲタクサイエンス」06

★連載:アキシブproject「東京ゴハン」feat.津代美月+森下かのん

★連載:錦織めぐみ(Luce Twinkle Wink☆)「めめたんの☆最強おちびダイアリー☆」

★連載:RABBIT HUTCH「ラビットハッチのぴょんぴょんシュワッチ」

 乃木坂46の西野七瀬さんがグループ卒業を発表した。小誌も過去3回取材をさせていただきましたが、そもそも乃木坂46の取材に踏み切った決定打も、西野七瀬さん初センターの「気づいたら片想い」だった。曲の持つデリカシーはMVの世界観に具体化され、西野さんの持つはかなげな雰囲気と絶対のマッチングを見せて、“清楚”にとどまらず更なる深み(=高み)へと乃木坂46を押し上げた瞬間が、あの時だったと個人的には思っています。もちろん、乃木坂46の瞬間はそれだけじゃない。生駒さんの「制服のマネキン」での内面葛藤、詩情極める「君の名は希望」、白石さんの「ガールズルール」での開放感、堀さんセンターが衝撃だった「バレッタ」と、様々な変化を、初期3作で印象づけた“清楚感”の上に積み重ねての「気づいたら片想い」。でも(でも、と言いたい)、「気づいたら片想い」には決定的な何かがあって、それは多分、内向的な何か。数多くのアイドル/ガールズグループにあって、絵的に例えれば、乃木坂46程うつむき加減の美しさが際立つグループはいない。そこに詩情すら感じさせるレベルで。その何物にも代え難い雰囲気を、最も象徴しているのは間違いなく西野さんだろう。乃木坂46のイメージが西野さんの持つ雰囲気でイメージ付けされている部分は小さくないと思う。

今回は、今年2018年の計画だった乃木坂46 3期生の単独表紙&インタビューの締括りとして、遂に与田祐希さんの登場です。本当に機しくも。ドラマ「モブサイコ100」や各漫画誌表紙でのフレッシュさからSFやちょっとした遊び心も与田さんらしいかなというのと、個人的に1stアルバム『透明な色』のアナザージャケットも含めた写真の質感・色合いが大好きで、与田さんをタイムリープ設定にし、誌面限定のアナザージャケット“与田ちゃん”ヴァージョンを作ってみたいと思い、乃木神社さんを始め各ご協力もいただいて、今回の特集に至りました。3期生の方々が乃木坂46のメンタルを含め継承していくという意味合いも込めて、与田さんに代表していただく形で、アナザージャケットの各先輩のポーズや場所位置でも撮影しました。その翌日の事でした。
 卒業や解散が目立つここ2年程のアイドル/ガールズグループ界ですが(本当は同じくらい結成や再加入も続いている。結成時は知名度が低く目立たないだけ)、継がれて行くことがグループというものの前提である以上、変化もしていくだろうし、それでも変わらない何かが逆に浮き上がってもくるかもしれない。もちろん乃木坂46を含めて、それらを可能な限り見ていきたいと思っています。

(MMMatsumoto/MARQUEE編集長)

*MARQUEE 主な取り扱い店

HMV、タワーレコード、TSUTAYA、ヴィレッジヴァンガード、紀伊國屋書店、ジュンク堂書店、三省堂書店、丸善、旭屋書店、ブックファースト、リブロ、文教堂、有隣堂、山下書店、くまざわ書店、オリオン書房、啓文堂、青山ブックセンター、文真堂書店、明屋書店、あおい書店、三洋堂書店、宮脇書店、福家書店、芳林堂、博文堂書店、明林堂書店、大垣書店、戸田書店、アミーゴ、他全国の大手外資系ショップ、大手書店。

*オンライン書店

セブン&アイ
URL
HMV
URL
TOWER RECORDS
URL
amazon
URL
KINOKUNIYA BookWeb
URL
楽天ブックス
URL
honto
URL
e-hon
URL

その他、全国の書店でご注文も出来ます。ご注文の際は、
「星雲社が取り扱っている、マーキーVol.129、ISBNコード(ISBN4-434-25266-2)」
とお伝えください。
また、小社の通販もございます。
03-3954-4897までお問い合わせください。

最新号に関する感想などはコチラから

Copyright ©2018 MARQUEE inc. All rights reserved.